街を持つ手

持て余しているマンションを貸したい!不動産に管理を依頼する

貸主のメリットとなる方法

積み木

貸主がより確実に家賃収入を得るために欠かせないのが家賃保証会社です。最近では借主側もこの家賃保証会社を通すことでメリットが得られるケースもあるため、不動産での資産運用をと考える場合にはしっかりこの知識を押さえておくといいでしょう。

見極めが大事です

メンズ

賃貸管理の委託先を選ぶ際には、クレーム対応をどのように行っているのか、入居者募集に関するノウハウをしっかりと持っているのか、という点をまず確認しておきましょう。これらは不動産投資の成果に大きく影響します。

家賃収入を目的にするなら

マンション

管理の手間を考える

分譲マンションを購入したけれど、住むことがなくなったから家賃収入を見込んで貸したいという場合は、いくつかのポイントを知っておく必要があります。最初から投資目的で買った人は別ですが、居住目的で購入したが、転勤が決まってしまった、別のマンションや戸建てを購入した、相続したといった理由から、使用することがなくなり、売るか貸したいかの選択に迫られるようになります。マンションを一度でも賃貸に出すと、いつでもやめることができるわけではないため、家賃収入を見込んで貸す際には注意しましょう。転勤などで住むことができず、期間限定でマンションを貸したい場合は、定期借家契約のリロケーションサービスを利用すると良いでしょう。前もって期間を決めて賃貸することが可能で、サービス会社が物件の管理をしてくれるので、転勤先で住居の心配をする必要もなくなります。今後も住む予定がなく、永続的に賃貸物件として貸したい場合は、そのマンションをどれだけ自分で管理するかも検討しなくてはいけません。本業があり副業として家賃収入を考えている場合は、入居者の募集や定期点検、清掃から入居者のクレームなどやることは非常に多いです。副業としてマンション管理をするのは困難なため、専門の企業に依頼して賃貸管理サービスを利用する必要があります。賃貸管理サービスはメリットが多いですが、全てを任せきりにすると費用がかさむため、家賃収入を少しでも増やしたい場合は契約時にどこまで管理を任せるかなど、業務内容を確認しておくことが大切です。

既存物件で家賃保証が可能

お金と人形と積み木

マンション経営のリスクは空室の発生です。そのリスクを抑えるために利用するのがサブリースです。管理会社と契約を結び、空室が出た場合に家賃保証があります。既存の物件でもサブリースは可能です。その代わりリフォームをした部屋に限定されます。古い部屋のままでは入居者を望めないので、新しくする必要があるのです。