積まれた紙幣

持て余しているマンションを貸したい!不動産に管理を依頼する

貸主のメリットとなる方法

積み木

家賃収入をより確実に

賃貸住宅でうまく資産運用していくためには安定的に借主が現れることが条件となってきます。借主が現れなければそこからの収入を得ることはできませんし、むしろ運営費用ばかりが出費となり家計を圧迫してしまうリスクも出てきます。安定的に物件を貸し出していくために、賃貸物件の状態を良くすること、家賃とのバランスを工夫することが必須となります。そして、これだけではなく家賃保証会社を利用するという方法も押さえておくことをお勧めします。家賃保証会社とは、その名の通り借主がもしも仮に家賃を滞納する事態になったとしてもその保証会社が代わりに立て替えをしてくれるというものです。もちろん、借主側には後に家賃分の返済、督促が行われるのですが、貸主にとっては確実に家賃を回収できるという点でメリットが多くなるのです。家賃保証会社を介すことによって貸主と借主との間でトラブルが起きにくくなりますし、最近では家賃保証会社を設けている方が借主も契約しやすいという実態があります。というのも、賃貸物件の契約時には多くの場合家賃の滞納を防ぐために連帯保証人を設けることになります。核家族化、少子高齢化が進む中、知人に保証人を頼みにくい人たちがこうした家賃保証会社を利用していくのです。変に周りに気を遣うことなく賃貸物件の契約が可能になる、貸主だけでなく借主にもうれしい点はあるというわけです。賃貸物件での資産運用をという場合には、物件の運営はもちろんのこと、こうしたプラスαの知識も持っておくといいでしょう。